人気同人、妖艶な絵のヨールキ・パールキ。

その絵は緻密でエロティック。

絵画のように美しい。

そのリアル感が

よりいっそう興奮を掻き立てる。。

 

S家に嫁いだM嬢の日常 1話 「2穴乗馬で何度も絶頂してしまいました」 紹介



ある国の林の中にあるサルバトール家。

この家では多くの名のある医者、学者が

輩出されている。

 

その家のドクターサルバトールの元に

嫁ぐことになったメリー。

嫁ぐからには優秀な子を産むこと。

十分な快楽を得た嫁ほど優秀な子を産める、

と言い伝えられているサルバトール家。

そのため、この家に嫁いだものは

快楽を得るための教育が

嫁となるものに科せられる。

 

 

それを承知でメリーは

サルバトール家に嫁ぐことを決めた。

 

朝目覚めたらメイド達が髪を結い化粧し、

服を着替えるなどすべてを行う。

 

そのあとS家特有の習慣がある。

 

それは、

前日の精子が残っていないか、

膣内を清掃すること。

 

メイドがメリーの膣内に指を入れて

精子を掻き出す、

その指があらぬところを刺激し。。

メリーは欲情し、

思わず声を上げてしまうこともある。

 

特別な習慣は朝食の後も続く。

 

特殊な乗馬訓練のためにあつらえた服を着る。

 

馬に乗るための鞍に装着された張型、

それはだんな様のペニスを模したもの。

 

朝、指で膣内を検査されたその刺激で

メリーの体は火照り、

早く、早くと体は張型を求める。。

 

さらにアナルに張型を仕込まれ、

アナルとおまんこを馬の上で同時に動かすことで

膣の動きを強化することを仕込まれる。

 

その姿でいざ外で乗馬、

二つの張型が二つの穴を責める!

メリーは耐えきれず、馬の上で悶える。。

 

馬が走り出すともはや耐えきれず

メリーははしたなく声をあげる!

馬はすぐには止まれずますます歩みを速め、

馬上のメリーの体は。。。

 

無料試し読みできます!

 

 

S家に嫁いだM嬢の日常 あらすじ紹介



こんな風にサルバトール家に

ふさわしい嫁となるよう

様々なエロティックな試練が

メリーを待ち構えていた。

 

膣の動きや感度を良くするための乗馬しかり、

お抱え医師に敏感なところを触られながら、

女性器の名称を言わなければならない。

 

これもすべて、

「充分に快楽を得られる身体で身籠った子は

優秀に育つ」

というサルバトール家の方針のため。

 

メリーは高貴な血筋でもなんでもなく、

道端で生活をしていた女の子だった。

 

その子を救い、ここまで美しく、

なおかつ性的に熟成させたのは

移動ギャラリーのマスター。

 

そこに緊縛された姿で

「展示」されることとなったメリー。

その美しさと妖艶さで

人を引き付けるようになった。

 

その噂を聞きつけてやってきたのが

今のだんな様。

 

メリーを一目見て「嫁に迎えたい」と所望され、

S家に招き入れられた。

 

「だんな様の優秀な子を産むためなら

どんな性的教育もいとわない。」

そんな教育をメリー自らも

快楽として受け入れながら日々暮らしている。

 

無料試し読みできます!

メリーのいやらしい姿、
まず試し読みから読んでみませんか。

 

 

S家に嫁いだM嬢の日常 全話読んでみた感想


独特の世界観を持つヨールキ・パールキ。

中世のおとぎ話のような

陰湿なエロさを感じます。

 

各話で繰り広げられる、

下半身のための「教育」。

 

メリーの不思議な生い立ち。

そして、だんな様との夜の営み。。

 

すべてがエロく、リアルで

M性を持ったメリーのあられもなく、

はしたない姿、

阿鼻叫喚、あり得ない言葉を口にする。

その様子が、あまりにもいやらしい。 

じっくりと、何度も、

舐めるように読み返したい作品です。

 

 

無料試し読みできます!

リアルを追求したエロさ、

読んでいない方は

まず無料試し読みから。

下の画像をクリック↓

更新日:

Copyright© S家に嫁いだM嬢の日常【無料で読める】エロM嬢の秘密を知りたい? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.